スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝☆面接-公務員(臨時)-

こんばんわ。
今日那覇市役所から電話が来まして、来週金曜日の9時から市役所12階で面接やりますって連絡来ましたヾ(@°▽°@)ノ

ぶっちゃけ連絡来なかったらどうしようか・・・と凹んでました(ノ_・。)
まぁ、喜ばしい事に連絡来たし(*^▽^*)
採用なった時の以下妄s(rywww
↓↓
・徒歩通勤でいい運動!!
・貯金and節約生活でた~っぷり貯金すっぞww
・ネットビジネスで副業♪
・ジムに通いたいなwww

以上!
公務員って障害年金どうなるか不安(°Д°;≡°Д°;)

まぁ・・・公務員なったら、将来安定やなww
おとぅも公務員やしヽ(゜▽、゜)ノ

↓クリックで1円が入りますのでクリック御願致します。
ドメイン取るならお名前.com




スポンサーサイト

就活なう・・・

こんばんは
今日は、新しい那覇市役所へ履歴書を出してきました。
正確には、前嫌々通ってた障害者就労支援(←名前だけww)に出して代わりに持ってく言うてた。

今回の推薦者は那覇市身体障害者福祉協会の局長なので力強いと思われwww
これはこれは親子揃って公務員になるフラグwww
公務員なったらかけもちアルバイト禁止なるから、アフィリ等の副業で稼がねばww

ォレ的の理想の生活は昼は公務員で働き、昼休み、アフター5に副業やって5万/月以上稼いで、全て貯金に回したいなヾ(@^(∞)^@)ノ

そして、貯金で不動産投資、FX等に投資し不労所得を作るのが夢や!!

でゎでゎ、SEE YOUノシドキドキ
■ネット起業バイブル、合計4,422ページ!ネットビジネスで稼ぐノウハウを無料でご提供!

↓クリックで1円が入りますのでクリック御願致します。
ドメイン取るならお名前.com



天才児養育法

頭の良い子に育てるためのタイムリミットであり、

ある年齢…、
それが、
8歳なのです!

脳科学的に細かく分類すると、

生誕から1.5 ~2年が乳児期、それ以降?8歳までが幼児期となりますが、

幼児期の終わりである8歳が、頭の良い子に育つか育たないかの境界線です。

この時期をどう過ごすかで、お子さんの生涯は180度変わってきます。

もちろん、赤ちゃんの時は、自分で食事をすることも、トイレに行くこともできません。

それでも、親の愛情や温もりは、

お母さんに抱かれる、優しく声をかけられるなど、

五感を通して感じることで、あらゆる記憶はちゃんと子どもの中に残っていきます。


そして、3歳、4歳と徐々に成長してくると、

目に映るもの、耳に飛び込むもの、触れるものすべてに興味を示し、

凄まじいスピードで吸収しはじめます。



そう…、8歳に成長するまでの子どもは、一生涯の中で最も多感なのです。



『ものごとに対して何の固定観念もなく、素直に感じ、素直に受け止められる』



この能力は、大人にはとうてい真似できない、まさに天才的なものですが、


それを生かすか殺すかは、

親が正しい方向に導いてあげられるかどうかにかかっています。



極端な話、


「誰かに親切にしてもらっても〝ありがとう〟なんて言う必要ないからね」


「夢なんて持たなくていいのよ」


といえば、それを正しいものとして理解してしまいますし、



「人に感謝することも、されることも素晴らしいのよ」


「夢を持つことは生きる力を与えてくれる」


と言えば、それをまるごと受け止めます。



とはいっても…


もしあなたが今、子育ての真っ最中なら、今の育て方が将来にどう影響するかなんて、あまり実感ないですよね?



ここで、ひとつ分かりやすい例を紹介しておきたいと思います。



彼の名は、言わずと知れた、世界的な総合家電メーカー、

松下電器を一代で築いた松下幸之助。



幸之助は、家業の下駄屋が失敗したため、やむを得ず、

満9歳という若さで小学校を退学しました。



そして、親元を離れ、単身大阪に出て丁稚奉公に勤めるのですが、

義務教育も終えていない子どもが、社会で働くなんて、

現代ではちょっと考えられないことですよね。


しかし、幸之助は、この過酷な状況の中でも、現場で経験を積み、

次々と商才を発揮していき、周知のとおり、実業家として大成功しました。



注目するべきは、彼が社会に出た年齢です。


満9歳ということは、頭の良い子に育つためのリミットを

ちょうど終えたばかり…。



まだまだ親に甘えたい年頃なのに、きびしい現状を受け入れ、

人生を切り開いていけたのは、

8歳までの親の育て方が正しかったからです。



どれほど素晴らしいビジネスの才能があっても、

方向性をまちがっていたら、彼の人生はちがうものになっていたでしょう。



それこそ、仕事を放り出して逃げたり、お金欲しさに盗みを働くことだって

できたはず…。


でも、そんな馬鹿げたことをしなかったのは、

彼が本当の頭の良さを身に付けていたからです。


本当の賢さとは、勉強だけではありません。


人生のさまざまな局面で、正しい選択や判断をできる力があってこそ、

その子は頭が良いといえます。



8歳までは、その土台を作るための大切な時期なのです。





次に、



IQ神話を鵜呑みにしないことです。



北斗くんのお母さんがそうであったように、



「子どもをいい学校に入れたい」

「将来、いい会社に入って、社会的に成功してほしい」



と我が子に願う親御さんほど、IQについて間違った認識を持っています。


IQを測るためには、同じテストを繰り返し行いますが、

誰でも、繰り返せば、点数はあがります。


北斗くんのIQはたしかに東大レベルですが、

つまるところ、IQテストの対策としての技術が身についただけで、

このままいくと、ただ単に、物知りな子に育つだけです。



現に、IQが170、180という尋常でないレベルの子どもたちのいる幼稚園では、

その技術を上げることだけに重点を置いた教育をしています。

IQが実際にこれほどまで高いことはあり得ません。

IQテストを解く技術が向上しただけです。



また、IQが独立して高いからといって、頭が良いということではありませんし、

将来何らかの成功につながるということは実証されていません。



しかし、ここで間違って頂きたくないのは、

IQの高さを否定しているというわけではないということです。



もちろん、IQが高いに越したことはありません。


むしろ、高ければ高いほど良いです。


テレビ番組でも特集が組まれ、何かと話題になっている

矢野祥くんという少年がいますが、


アインシュタインのIQが160前後、

対して彼のIQは200を越えていますから、

正真正銘、生まれながらの天才です。


9歳でアメリカのロヨラ大学(Loyola University)に入学し生物学を専攻、

12歳でシカゴ大学メディカルスクール入学、さらに、4歳で作曲をはじめた

ピアノは、プロになれるほどのレベルだといいます。


彼のお母さんはあるインタビューの中で、

「何か特別な育て方をしてきたのですか?」という質問に対して、

次のように答えています。


「特に何もしていません。ただ、本人がやりたいこと、好きなことをできるだけやらせてあげたいと思ってきました」


「大学で勉強したり、クラスメートや家族と一緒に過ごしたり、遊んだり、

ピアノを弾いたりしている時が、一番幸せそうで生き生きしています。

本人が幸せなのが一番だと思います」


(ODEKAKE.US アメリカ快適生活サポート  Brilliant Peopleより)


つまり、彼の両親は、IQが高いからといって無理に勉強を勧めたわけでもなく、

ピアノを習わせただけでもありません。

あくまで彼が自分の意志で望んだことだから、環境を整えて、

応援してあげたというスタンスです。


その結果として、生まれもったIQの高さを発揮して、

大学に飛び級して入ったり、ピアノのリサイタルを開くことができたのです。


「この子はIQが高いから勉強させよう」とか「もっとIQを高めよう」と

IQだけに躍起になっても、本人の感情や思いが伴っていなければ、

それは意味がありません。


つまり、宝のもちぐされということです。

だからこそ、IQと同様に、ある能力を伸ばしてあげることが重要なのです。




ある能力の秘密とは


3つめのポイント、ある能力を一言でいうと、人間らしさの知能のことです。



人間らしさなんて言うと、ほとんどの方が、


「抽象的すぎて、いまいちよく分からない…」


というのが本心だと思います。



けれど、何もむずかしいことはありません。



楽しい時に楽しい、かなしい時にかなしいと表情や言葉で、

きちんと意思表示できる、

協調性をもって、友だちの輪に馴染める、

正しいこととそうでないことの分別がつく…



ある能力とは、その子の人格を形成するうえで欠かせないもの、つまり、



子供の人間性を作る能力

のことです。



冒頭に出てきた北斗くんのように、感情表現に乏しい、周りと馴染めない…と、

幼いうちから兆候がみられる子どももいますが、

ある能力が育たないと、将来、大変なことになってしまいます。



こういえば、伝わるでしょうか?


常識に欠けているから、平気で犯罪を犯したり、薬物に走る…。


人の痛みが分からないので、殺人を犯す…。


自分本位な思いに囚われて、自殺する…。


「そんな大袈裟な…」


「うちの子にかぎってそんなことはありません…」


と軽くみていたら、本当に手遅れになります。


このある能力が欠けてしまうと、どんなことになるのか、

そして、この能力がいかに大切かということをお分かり頂くためにも、

次の3つの事例をご覧ください。




事例1


幼少期に、両親が不倫などを理由に離婚・再婚を繰り返すなど、不安定な家庭に育った子どもは、かなり高い頻度で成人してから道を踏み外しています。



その理由は、日を見るよりも明らかですが、

親からの愛情不足はもちろんのこと、

世の中で、何が正しくて、何がまちがっているのかということが

根本的に分からないまま、体だけ大人になってしまうからです。



極端にいうと、頭の中は子どものままなので、仕事を平気で放り出す、お酒なしでは生きられない、飲めば暴れる、 窃盗で逮捕される…など、常識の枠を越えた行動をその時の感情だけで起こしてしまうのです。


「仕事をしたくなくなったからやめた」

「お酒を飲むと気持ち良いからたくさん飲む」

「盗みたいから盗んだ」



こうした行動を止められないでいると、本人の中では、



「自分はまちがっていないのに、どうして非難されるんだ?」

「自分の好きにして何がわるい?」

「もうどうしていいのか分からない・・・」



といった葛藤が起きて、うつ病などの深刻な精神疾患に陥ることも少なくありません。



そして、やり場のない気持ちの矛先が見つからない時、

究極の選択は・・・自殺です。



毎年3万人以上の自殺者がいる日本。未遂者はこの10倍いるといわれていますから、毎年30万人もの人たちが自殺を図っていることになります。


この社会の悲劇が未だ継続しているのは、他ならぬ人間性の欠如が生んだ深刻な状況だといえます。









事例2


幼児期の環境ほど、その後の成長に大きな影響を与えるものは

ありません。



両親が共働きで、保育園に預けっぱなし・・・

父親と母親から受ける愛情の度合いが極端にちがう・・・

親が気づかぬうちに兄弟間の接し方にえこひいきしている・・・


など、子どもに対する父母の接し方がアンバランスだと、将来大変なことになる可能性があります。



もちろん、パーフェクトな夫婦などどこにもいませんが、幼児期の子どもは、家族間におけるある種の“ズレ”や“違和感”を敏感に感じ取ってしまうので、本人が意識しなくても、色んな意味で影響せざるを得ないのです。



では、実例と共に、子どもにどんなことが起きるのかお話しましょう。



規律だらけで、きびしくしつけようとする母親と、「子どもが苦手」といって子育てに一切関与しない父親のもとに育った子がいます。


物心ついた頃から徐々に、母親といれば窮屈に感じ、父親のことは親とさえ思わないようになります。



この子にとって唯一安心できる存在は、

近所に暮らす祖母と愛犬だけ・・・。



ところが数年後、少年になった彼の元から祖母は他界し、

犬も追うように逝ってしまいます。



ショックの最中、母親は相変わらず、口やかましく命令・抑圧してくる

その一方で、父親は素知らぬふり・・・。


「自分を理解してくれるのは祖母だけで、親も学校もみんな敵だ」



幼児期の記憶が強烈に根付いているからこそ、

“愛情の背中合わせにはあるのは憎しみだけ”としか考えられなくなる



つまり、愛情を感じる能力がひん曲がった形に偏ってしまったのです。



本当は誰よりも親に愛されたい気持ちが強いのですが、それを素直に表現することは、ほとんど出来ません。



むしろ、“愛されたい”の真逆にある“憎らしい”気持ちに意識が向いて、

小動物や自分より幼い子を苛めることで、満たされようとするのです。



これがエスカレートしていくと・・・

自分が満たされたいがゆえ、罪もない他人を殺すという思考回路に

陥っていくのです。



「そんなこと、あり得ない・・・」と思うなら、どうかここ数年のニュースを振り返ってみてください。



表面的には、おとなしくて、まじめな子だといわれていた子ほど、

社会的に大事件となる殺人犯になった例は数え切れないほどにあります。


愛されたいことの裏返しが、残虐な殺人として現れるのは、

ある能力が欠けている究極の証だといえます。








事例3

どのような状況にあっても、薬物は、人として決してやってはならないことです。



たとえ、自分のストレス解消やさびしさを紛らわすためであっても

許されないこと・・・。



大切な家族の存在や社会的な立場があるなら、

なおさら当然のことでしょう。



いうまでもなく、薬物は違法だからです。



きっかけはほんの出来心だとしても、

薬物が自分の心と体をむしばむ恐ろしい毒であること

周りの人たちを傷つけ、多大な迷惑をかけるかということを

事を起こしてからしか判断できない・・・。



その識別がつかないのは、やはり人間性が欠けているからです。



昨今のニュースでもご存知のとおり

大麻や覚せい剤の所持・使用による逮捕は、一般人だけでなく、

芸能界でも「まさかあの人が・・・」とショックを受ける報道が相次いでいます。



たった一度の過ちが一生を台無しにしてしまうのです。


一見すると、世の成功者にみえる人でも、

幼児期に培うべきある能力が欠けていると、遅かれ早かれ、
必ずどこかでボロが出てしまうのです。








ここにご紹介した3人の話、できれば聞きたくなかった…というのが、

今のお気持ちではないかと思います。


正直、気分を滅入らせてしまったのなら、申し訳ありません…。


しかし、あなたのお子さんにとっても、

こういった可能性があるということを今、この時点で理解し、

ある種の危機感を持って頂くために、あえてお伝えしました。


「うちの子にかぎってまさか…」とは、いいきれないのです。


それでは、逆に、このある能力を伸ばすことができたら、

どんなことになるか、次の事例をご覧いただきながら、説明したいと思います。







世界長者番付でもおなじみ、アメリカの実業家、ビル・ゲイツは、

誰もが認めるエリート中のエリートです。


ゲイツは、法律家の父、銀行役員の秘書の母との間に生まれました。



幼い頃から親がいわずとも、すすんで勉強し、

好きなことといえば読書でした。


ここで喜ぶのが普通ですが、彼の両親はちがいます。


裕福な銀行家の娘として生まれながら、

学生時代は運動選手だったという活発な一面を持つ母は、

彼に運動することの楽しさを教え、

音楽に慣れ親しませたり…と、

本以外の〝野外活動〟をいっしょに行いましたし、


来客とコミュニケーションすることの楽しさやマナーなどは、

父が実践を通して教えていったといいます。


はじめは、少し嫌がっていたそうですが、あらゆる体験を通していくうちに、彼の人間的な〝幅〟と〝厚み〟に深さが増していったのです。


それでこそ、人望に熱く、

人を動かす偉大な成功者になれたといえるでしょう。


もちろん、放っておけば〝本の虫〟と化す勉強熱心な彼だったからこそですが、幼い頃のゲイツが勉強だけしていたら、

どんなに素晴らしい知識や情報も、伝える術を知らぬまま、

彼の頭の中だけで完結していたのではないでしょうか。


マイクロソフト社は、幼少期に彼の人格が磨かれたからこそ、

存在するといっても、過言ではありません。








Jリーガーとして活躍していた京谷選手は、ある日、

不慮の交通事故で、
脊髄を損傷、余儀なく車椅子生活を迫られることになりました。


サッカーがすべてだった彼には、夢を失ったことも同然。


しかも、彼と婚約していた女性の親は、結婚を大反対、

絶望の淵に立たされます。



献身的に支えようとする女性にもつらくあたってしまい、

周りの人も、そして変わり果てた自分も受け入れることができず、

時間だけが過ぎていきました。


しかし、それからしばらくして、リハビリの一環としてはじめた車椅子バスケットボールの楽しさに目覚めたことで、彼は変わりはじめます。


千葉ホークスの選手となり、2000年シドニーパラリンピック、

2004年アテネパラリンピックに日本代表として出場、2008年北京パラリンピックでは日本選手団の主将を務めたほどの活躍ぶり。


先ほどの女性とめでたく結婚し、現在は、障害者専門の人材サービス事業も行っています。


事故の当初、思ってもなかった転落人生…と悲観していた彼ですが、

再び新たな道を歩んでいくことができたのはなぜだと思いますか?



それは、過去にしがみつくのではなく、

ありのままの自分を認めることができたからです。


これは決して簡単なことではありません。


体の自由もきかない、夢も崩れ落ちた…となっては、

生きる希望を失って当然ですし、誰もがその状況から逃げたくなるはずです。


事故の加害者や周りの人を責めて、自暴自棄になる方がラクだったかもしれません。


でも、彼は道を踏み外しませんでした。


彼の根底には、人生に対して前向き姿勢があったのです。


それは危機的な状況に追い込まれたからこそ、発揮され、

彼自身を動かす原動力となって、

新たな幸せへと導いてくれたといえます。










クラッシックから現代音楽、ハリウッド映画から自身の音楽活動まで、

ジャンルを越えて世界的に活躍している坂本龍一は、アーティストとして最も成功している人のひとりでしょう。



近年は、さまざまなメディアをとおして、環境や平和をはじめとした諸問題について発言する機会も多く、才能の豊かさがうかがえます。


すると、坂本氏を


「生まれながらに音楽の英才教育を受けてきたのでは!?」


と遠い存在のようにみてしまいがちですが、そうではありません。



たしかに、ピアノは3歳で習いはじめていますが、

たまたま通っていた幼稚園が「全員ピアノを習うところ」だったから

はじめたのであって、音楽だけに偏っていたわけではないのです。


むしろ、幼くして作曲を習い出した頃は、ピアノが苦痛だった時期もあるといっています。



では、彼は幼少期に何をしていたのかというと、

読書、スポーツなどを通して、自然に感性を磨いていたのです。


ここには、出版編集者の父、帽子デザイナーの母の影響がうかがえますが、この多感な時期に、多くの〝感動〟を体感したことが、

後に彼の才能が発揮される元=無形の財産となったのです。



現在、58歳の彼が、今なおトップを走り続けられるのは

幼いうちに、感じる能力を徹底的に研ぎすました、

だから、素晴らしい音楽や思想を発信し続けられるのです。










さて、ここまでご覧になっていかがでしょう?


「ある能力」次第で、お子さんの人生は、天地の差を生むことがお分かりいただけたのではないかと思います。


それでは、ここで少しだけ脳のお話をしておきたいと思います。


ある能力というのは、脳の前頭連合野の発達と深い関係にあります。


前頭連合野とは、情動のコントロールや、論理的な判断、

将来の予測や、判断、計画などを行う部分で、

ちょうど、おでこの裏側にあります。


この脳部位には、視覚前野、側頭連合野、頭連合野、後連合野などから

あらゆる感覚刺激が集まっていますし、


視床下部、中脳網様体などからも、繊維連絡を受ける非常に重要な部分です。



しかし、これまでは、前頭連合野にダメージを受けても、

脳の働きはほとんど変わらないと考えられていました。


なぜなら、語学力や計算能力などはダメージを受ける前と変わらないし、

IQもそのままだったからです。


でも、研究が進んでいくと、それはとんでもない誤解だということが分かりました。


次の事例をご覧いただきながら、お話しましょう。






20世紀初期に、統合失調症(精神分裂病)の治療にあたったモニスという人がいます。


統合失調症の方には、拘束具を付けていないと、あたりかまわず暴れまくるという凶暴性を持った方がたくさんいるのですが、


前頭連合野を切り離す手術をすると、その方達はウソのように、

おとなしくなりました。



ところが、彼らは、四六時中、部屋の隅で膝を抱えてじっとして、

何もしようとしないのです。



「今日は天気がいいですね」と話しかけても「今日は天気がいいですね」


「ご機嫌いかがですか」には「ご機嫌いかがですか」


「なに食べましたか」には「なに食べましたか」


というおうむ返ししかできない、

感情の起伏に乏しく、個性や主体性のない人間に

なってしまったのです。


そして、その後も、状態が変わることはありませんでした。












私が相談を受けた方で、16歳の時に、交通事故で、前頭連合野に

軽いダメージを負った23歳の女性がいます。


勉強が本当に良くできる子で、

当時のIQは120、東大生の平均値レベルです。


ところが、前頭連合野の能力を調べてみると、なんと6歳児のレベルしかないのです。


その後、彼女は社会に出ましたが、残念なことに…、

社会生活がうまく送れないでいます。









また、前頭連合野の一部だけが失われると、手がつけられないくらい乱暴になるという実証データも出ています。


他にも、お葬式で鼻歌を歌い出す、道行く女性に卑猥な言葉を投げかけるなど、その場にふさわしくない行動をとることも確認されています。



以上をご覧になるとお分かりのように、


ある能力を担っている前頭連合野がきちんと働いていなければ、


個性と呼ぶべきその人らしさのかけらもなく、

感情も持たなくなってしまいます。



将来のことを考えたり、何かについて自分で努力する、

ということも一切ありません。



そして、何よりも一番の問題は…


夢がなくなる…ということです。



要するに、今でいうニートです。


社会制度等の問題もありますが、状態としては同じなのです。



現に、お母さま方からも、


「うちの子どもは、学力があって良い学校も出ているのに

ニート化してしまったんです…」というご相談をよく受けますし、


IQだけが高い子どもの30?40%は、

一流大学を出て、一流企業に入っても、就職してから1年もたたずに退職してニート化する、という調査結果も出ています。



脅すつもりはありませんが、実際、

自殺願望やアル中になる可能性を高めるといった、

悲惨な症例も少なくありません。



前頭連合野のある能力とは、それほど重要なものなのです。


それは、先に挙げた悲しい実例をみても、お分かりの通りです。


さて、このことを踏まえたうえで、あなたなら、どちらを選ぶでしょうか?


勉強はできるけれど、

人間性に乏しく、社会の枠からはみ出てしまう子どもの育て方


あるいは、


勉強もできて、人間性に富み、

近い将来、社会でどんどん成功できる子どもの育て方





今ならまだ間に合います。


お子さんの将来を心底思う気持ちがあるのなら、

8歳までに、ある能力を伸ばしてあげてください。




ある能力は、IQに変わる新しい指標のことで、

「Humanity Quotient」、略して、 ”HQ”






といいます。


おそらく今、あなたの頭の中には、ハテナ?マークが

飛び交っているのではないでしょうか?



「HQって、初めて聞く名前だな…」


と驚かれた方がいるのも無理はありません。


公に公開するのは、これがはじめてのことなのですから

当然のことだと思います。



それでは、順を追って、説明していきますね。



HQには、



「一般知能」と「ワーキングメモリ」と呼ばれる知能が含まれています。






一般知能は、IQの一種ですが、普通のIQとはちがい、社会生活に深く関係する能力で、

欧米では「人間として最重要な知能」とされています。


この一般知能が高いほど、成人してからの年収が多い、社会的ステータスが高いというデータが出ています。



一方、ワーキングメモリは、ものごとを考えるときに使う記憶のことを指します。


本を読んで内容を理解したり、何かを議論したり、企画を練ったりするためには、複数のことを同時に記憶に留め、それらの関係性を見つけたり判断したりするといった作業が必要ですよね?



その作業をするのがワーキングメモリです。


実際、これらの能力が高い人ほど

学業や仕事で成功する可能性が高くなることがわかっています。





つまり、お子さんのHQを伸ばしてあげれば、



「社会生活において不可欠な能力」と「自分の頭で考える力」


が同時に身についてしまうのです。



社会で生きていくうえで、必要とされる真の能力=「人間力」といってもいいでしょう。



歴史的人物としては、坂本龍馬をイメージしてもらえばいいですね。

多くの証拠からみて、彼のHQはきわめて高かったといえます。



ちなみに、HQは、



世界のトップクラスの各国からの要人や企業家たちが、認めた能力です。

もしかすると、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

毎年、スイスで開かれるダボス会議という世界経済フォーラムが

あります。

2008年1月に開かれた特別セッションでは、

子どもを将来どのような職業に就かせればいいか、

というテーマについて話し合われた結果、



「就かせるべき特定の職業はない、ただし必要なスキルはある」


という結論が出ました。



まず、「就かせるべき特定の職業はない」についてですが、


これは、今良いと言われている職業でも、将来どうなっているかは、正直わからないということですね。



かつてない不況の時代ともいわれるこのご時勢ですから、

当然の結果だと私は思います。



長年、エリート職業だと長年いわれてきた医師の現状をみれば、一目瞭然ですが、20年ほど前までは、群を抜いて収入の高かった歯医者たち、

今はどうでしょう?



そのほとんどが、仕事を獲得するにもあくせくしていますし、

収入も2?3分の1ほどに減っています。



花形といわれた心臓外科医、脳外科医も、

医療訴訟がこわくて、今は成り手すら激減しているあり様です。



しかし、最も注目すべきは、「ただし必要なスキルはある」の部分です。



フォーラムで発表されたスキルとは、以下の5つです。



・意思伝達力

・交渉能力

・対人能力

・語学力

・異文化を理解・尊重する能力



これらのうち、




「意思伝達力」「交渉能力」「対人能力」は、HQに含まれている能力なのです。


・・・と、メルマガ引用しました。
長文失礼しました。













お財布.com
↑こちらは、自分が使ってる小遣いサイトww
(5000円溜まってる!)
こちらは毎日のクリックや、資料請求やカード発行で高額溜まるので一人暮らしには楽に溜まるねwww
Pagetop

Google、iPhone向け地図アプリ開発が最終段階に、米紙報道

米Wall Street Journalは現地時間2012年11月15日、米GoogleがiPhone向け地図アプリケーションの開発を進めており、すでに最終段階に入っていると報じた。事情に詳しい情報筋の話として、Googleはすでに試験版を外部の関係者に提供しており、具体的な日時は分からないが、米Appleのアプリケーション配信サービス「App Store」の承認申請をすると伝えている。

 同紙によると、開発中の地図アプリケーションは、Android向け地図アプリケーションや、Appleの独自アプリケーションなどと同様にナビゲーション機能が付くという。

 AppleはiPhone 5に標準搭載のモバイルOS「iOS 6」で、Googleの地図アプリケーションに代えて自社開発のアプリケーション「Maps」を導入した。ところが、これに情報不足や不具合があるとの苦情が相次ぎ、Tim Cook最高経営責任者(CEO)が公式謝罪したという経緯がある。その後まもなくしてiOS部門でトップを務めていたScott Forstall氏が辞任したが、地図アプリケーションの失敗や、それに端を発した幹部陣との不和が原因だったと見られている(関連記事)。

 Wall Street Journalによると、AppleのMapsはすでにEddy Cue上級副社長率いるオンラインサービス部門に移管されて改良中。だが、Googleの新しいアプリケーションはApple製Mapsの品質に不満を抱く利用者を取り込める可能性があるという。先に公開したiPhone用YouTubeアプリケーションと同様に、収入が見込める関連サービスと連携したり、広告を表示したりすることで、Googleは売り上げを増やせると同紙は伝えている。


ビジュアル生命保険サイト!保険マンモス!


イイネ!もっと良くなればいいな
ォレ的にはEZナビウォークみたいに周辺検索できればネ申アプリになる思うwww
Pagetop

限りある資源としての時間

仮に人間の一生を80年とすれば、70万時間となる。
これが、生まれてから死ぬまでに使えるあなたの待ち時間だ。
この70万時間の中で、学び、仕事をし、出会い、恋愛し、結婚し、子供が生れ、旅行に行き、病気になり、苦しみ、楽しみ、憎しみ、和解し、自分を磨き、怠惰になり、頑張ったりしながら、山あり谷ありの人生を送ることになる。しかし大半の人は、人生の終わりが来るという
事は頭でわかっていながらも、自分の時間が限りある資源だとは感じていない。
また、時間は一定に過ぎ去るというより、年齢やその時の状態によって、長くも感じ、短くも感じるのが普通だ。
うれしいときは短く、苦しいときには長く感じられる。しかし、人生の時間に限りがあるのは厳然たる事実。
いつ終わるかわからないという限りある資源なのだ。
ただ、終わりがいつなのかわからないのをいいことに、無為に時間を過ごしたり、毎日仕事に追われていてもあまり気にならない。
でも人生の締め切り時間がはっきりしていたら、時間は限りある資源だと実感していたら、たぶん毎日の過ごし方は変わってくるはずだ。
西洋の諺「時間が過ぎ去っていくのではない。われわれが過ぎ去って行くのだ。」のように、何か行動しなければ、自分もそのまま過ぎ去ってしまう。
つまり、時間は管理できないのであり、管理できるのは自分自身の行動に過ぎないのだ。
人生の時間がある限りある資源だと自覚できるかどうかが、今後のあなたの生き方を大きく左右するはずだ。
時間を「有意義に過ごすこと=行動すること」も、「無為に過ごすこと=行動しないこと」も自由。時間の過ごし方はあなたの裁量に任されている。
ーーーーー
以上!!
今自分が読んでる、為になるなぁと思う本。

人生は手帳で変わる―第4世代手帳フランクリン・プランナーを使いこなす

新品価格
¥1,575から
(2012/11/7 20:37時点)



中古で1円から売ってるからオススメ\(^O^)/

以下…近況報告・未だアディダスからの連絡待ち。
・・・おそらく先週金曜日に郵送したから一昨日本社に届いた。求人票には「履歴書到着後7日以内に連絡する」書いたるから、今週末か来週頭にくるだろう。・・・書類選考を通ればな…。

・・・暇。






Pagetop
Pagetop
FreeArea
甘みが気になる方に【カンポウ糖減茶】 約1か月分2,100円
3個以上ご購入で商品価格10%OFF・送料無料!
プロフィール

Author:SE-YA
宮古の上野字宮国で車から落下…
脳座礁&肺座礁で那覇市立に運ばれ、2か月意識不明…
…京都コンピュータ学院辞めつつ那覇のKBC入ったのはいいが、今年卒業しつつも就職難で障害者のォレには厳しい世の中必死に生きてまする。
脳挫傷で前頭葉に傷が付き、"左半身麻痺"、"高次脳機能障害"という、重い後遺症をネ申に課せられました…。
しかも事故後には身長2cm縮むわ体重20kg増えるわとんだ災難やったわ

最新記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。